クラッシックカー フォルクスワーゲン ビートル 1960年式

今回のクラッシックカーディーラーズは、フォルクスワーゲン ビートル 1960年式。

このかなり、どっ古いビートルをリペアして、売りに出そうという企画。

例によって、マイクが多分、ドイツまで買い付けに行き、自分でトレーラーに乗せ、イギリスのエドが待っている、ガレージまで持って帰る。

もともとの、ボディーカラーは、クラシカルなブルーで、この1960年代のビートルの雰囲気にぴったりして、好きだが、マイクとエドの会話からすると、ペイントし直すつもりのようだ。

普通の車のようにエンジンは、フロント レイアウトではなく、一番後ろに位置しているRRレイアウトなので、前のボンネットを開けると、スペアタイヤしか入ってないが、フロント・スペースには、燃料タンクも設置されている。そのため、給油のときには、このボンネットを開ける必要がある。

フロントのボンネット下は、1960年式で、リペアも施されていないので、大分錆び付いている。おそらく、そこも修理の対象の範囲となるだろう。でも、エドはボディーワークの修理もお手の物なので、簡単なボンネット内側のペイントは、サビ落とし、下地処理も含め、自分1人でこなしてしまう。

こんな器用な人が身近にいたら、クラッシックカーの手入れに心配が無くなって良いのだが。

添付の動画では、その後、後ろのエンジン・ルームの点検を始める。クランクの動き、ベルトのテンションのかかり具合などを、エンジンを回さずに、自分の手で触って確かめている。確か、エドは、ビートルのメカニカルの部分については、専門的な知識を有しているので、メンテナンス・マニュアルをみなくても、すべて頭に入っているはずだ。

そして、ディストリビューターのカバーを外して、ここもチェックしている。コイルは、問題ないだろうとの所見。

ビートルのスパークプラグは、エンジンがオイル漏れを起こしているような場合は、特にオイルをかぶってしまっていることが多いので、その状態が悪いときには、プラグの交換が必要になる。

また、彼は、年式によって異なるエンジンや、トランスミッションやサスペンションなどの足まわりの特徴、長所、短所、問題の起こりやすい箇所も把握している。

エドが故障を直していくときには、段階を踏んでいる。比較的、ダメージや費用がかさむ大掛かりの修理の可能性のある箇所は、最初の段階では手をつけずに、軽度の不良可能性のあるところから手を入れていき、点検を行う。そして、複数の箇所を点検した上で、初期段階で、どのような故障の可能性が考えられるかを、1つ1つ丹念にチェックしていき、可能性を潰していき、最終的にダメな場所を特定していくというプロセスだ。

日本では、もともと、車のオーナーが整備工場に頼らず、自らメンテナンスを行うことは稀なので、どうしても、整備知識が無い、ビートルのようなクラッシックカーの所有者は、数に限りのある、クラッシックカーの整備対応力のあるガレージに高いお金を払って直さなければならない。

車両本体価格も1960年代のビートルは、程度の良いもので200万はくだらないし、車検や整備費用も相当見込まれるので、維持費はそれなりに覚悟が必要。

それでも、その愛らしい雰囲気は、日本でも、おしゃれな女性をはじめ、多くの人に愛されているのは、元ビートルのオーナーである私としては、非常に嬉しいし、街中でたまたま見かけると朗らかな気分にさせてくれる。



コメントをする





カテゴリー

ページトップ