いじめと不登校 その2

前回は、いじめが起きる背景、そして、その理由を考察してみたが、もう少し掘り下げていき、そのあとで、私の経験を述べていきたい。

中学生、高校生のスマホの使い途としては色々あるが、1つには、友達とのコミュニケーション・ツールとしてのもの。携帯の通話料金は割高ということもあり、スマホのインターネット回線を用いたアプリケーションであるところの、ラインが主だったソフトとなっている。

一昔前、まだ携帯がなかったころは、学生が友達と連絡を取るときには、家の固定電話や、外の公衆電話を利用するしか手段が無かった。友達の家に電話を掛ければ、友達が必ずしも、最初に電話をとるわけではないので、友達の親や兄弟が電話を取り次ぐこともあり得た。

そのため、親は、自分の子供にかかってくる電話によって、子供の交際相手、その範囲などをある程度把握することができた。

しかし、現代では、中高生が自分専用の携帯端末を所有する時代になって、その親が、自分の子供が、どのような相手と、どのような付き合いをしているかを判断するなり、情報を得る機会が無くなってしまっている。昔であれば、見知らぬ大人や、悪意のある第3者が自分の子供と接触することを遮断すること、親として子供を守る防波堤としての役割を果たせたことを難しくしてしまっている。

その結果、マスメディアで取りざたされるような事件が、子供たちに起こってしまっていることも、また事実である。

話が大分、逸れてしまったが、スマホのラインアプリは言わば、小中高生のコミュニケーション上、必要不可欠な道具となっていることは否めない。

特定の友達同士でつくるグループ・ラインにたとえ、入っていたとしても、仲間外れや、いじめに発展するリスクを常にはらんでいる。

返事が少し遅れただけでも、それが相手に悪意があると思われたり、無視していると勘違いされたりすることで、それまでの友達関係が、仲間外れやいじめに発展することも少なくない。

実際に会って、話をしたりするなかで、友達仲が険悪になるのではなく、電子化された文字によって生じる問題である。

そして、一旦悪化した友達関係は、回復するどころか、悪化の一途を辿るケースが多いことも、よく見られる傾向である。

そして、不幸にも、いじめにまでなってしまった場合、関係改善のために、相手の誤解を解く説明なり話を直接したり、他の同じ仲間うちの友達に仲裁を求めることもできるが、それらの努力も虚しく失敗した場合には、まずは、いじめにあっている本人を守ることが何よりも優先的に行われなければならない。

親であれば、中高生である自分の子供と良好な関係を保つことは、巣立ちの時期を間近に控えている青年期にある子供が相手であることから、簡単ではないことも多々あると思う。

しかし、それが親からの一方的な自分の子供に対するコミュニケーションの努力ではあったとしても、それを怠ってはいけないと思う。

少なくとも、自分の子供が中学生にもなれば、10数年もの長きに亘り、子供に寄り添ってきているわけで、たとえ言葉を交わさなくても、子供の表情に見て取れる、休日と平日の変化や、時折見せる顔の曇りなどは
親ならではの気づきがあるはずである。

実際、私の中学になる息子が不登校になる前には、明らかな前兆が、その顔の表情に見られた。

息子が中1になって、そろそろ、1学期の途中から顔が段々と無表情となっていった。親である私から学校のことを聞かれても、その反応は鈍く、答えは曖昧。進学塾に通って、個別指導を受けてはいたものの、勉強には身が入らず、学校の成績は下がる一方だった。

タイトルとURLをコピーしました