COPDと診断されたら

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、長い時間をかけて肺の組織が壊れていく病気。
『タバコ病ともいわれるように、最大の原因はタバコを吸うこと。推定患者数の凡そ700万人のうち80%から90%がタバコをを吸っているとのこと。残りの10%から20%の人たちはタバコを吸わないが、タバコを吸わなくても、この病気にかかりやすいタイプの人たちもいることが最近分かってきている。

COPDで多い3つの症状は、たん、息が切れる、咳。人間の身体は、肺のなかにある肺胞の組織で二酸化炭素と酸素をエクスチェンジしている。タバコを長くすっていると、気管支に炎症が起きて、それを繰り返すと、気管支の内腔が狭くなり、粘液が溜まりやすくなって、痰や咳の症状が現れる。炎症がさらに進行すると肺胞が壊れ、空気を十分にはきだせなくなる。新しい空気を吸い込みにくくなるので、息苦しく感じたり、息切れをおこすようになる。

COPDの可能性がある場合、『スパイロメトリー』と呼ばれる肺機能検査を行う。
『息を吐き出しにくくなる、気流制限があるかどうかを調べる検査で、COPD診断を行うさいに重要な検査』
(医大の医師談)

検査では、器具を使い、息を吸ったあと、これ以上吐き出せないところまで吐ききった努力性肺活量と1秒間で吐いた1秒量を測り、その比率を調査する。

健康な人は、吸った空気の大部分を最初の1秒で吐き出すが、COPDに罹っていると、気流制限があるため、息を吐き切るのに時間がかかる。

一旦壊れた肺胞は、再生できない。治療は、病気の進行を遅らせたり、症状をやわらげるために行う。そのために患者がすべきことは、禁煙、運動、感染予防。

運動は、筋肉を増やして、心肺機能を維持するため、全身運動が良い。手軽で安全なのは、ウォーキングであるが、両手を上げる運動をつづけると、呼吸がしやすくなるし、スポーツジムに通うことも推奨されている。

感染症予防としては、COPDはインフルエンザや、風邪を原因として、急に悪化して、死に至ることもある。そのため、インフルエンザワクチンは、毎年接種して、肺炎予防としては、肺炎球菌ワクチンも、医師に相談して接種を検討することが奨められている。

近年では、COPDとぜんそく、両方の特徴がある、ぜんそくCOPD重複症候群(ACOSエーコス)というコンセプトが提唱されている。子供のときにぜんそくだった人は、成人後、COPDになるリスクは、そうでない人の32倍にも達し、子供のころ重症のぜんそくだった人の44%がCOPDに移行する、などとレポートされている。これらには、喫煙しない人も含む。子供のときにぜんそくだった人、すぐ咳が出る人は、COPDを発症するリスクが高いと考えられ、思い当たる人は、禁煙をして、咳や息切れがあれば、早めに医師の診断を受けることが奨められる。

タイトルとURLをコピーしました