教育

教育

いじめと不登校 その7

前回の記事、“その6”では、戦後の、地方の義務教育制度と、それを踏まえた上で、自分の子供を守るために、学校側に相談する前に、どのような接触の仕方を取るべきかを綴ってみた。 まずは、クラスで起きた問題であれば、どのようにクラス担任に相談...
教育

いじめと不登校 その6

公立の小学校なり、中学校なりに、問題があったときに相談する際に、念頭に置いておく必要がある事柄について、記していなかったので、その重要性から、此処で述べていきたい。 それは、教育委員会という存在。 日本において、戦時中、または戦...
教育

いじめと不登校 その5

前回、”その4”で、いじめの相談をクラス担任の先生にしたところ、息子に対するHの態度は軟化し、終息に向かったようであったので、ひとまずは、胸をなでおろすことが出来た。 Hは、クラス担任が受け持っている運動部に属していたので、かなり強い...
教育

いじめと不登校 その4

前回、”その3”では、息子が中学でいじめに遭い、担任教師に相談をしたところまでの話だった。 教師に相談をするにあたっては、あらかじめ、努めて、理性的に話を進めることにしていた。教師とはいっても、昔の教師とは異なり、サラリーマン意識の高...
教育

いじめと不登校 その3

前回、”その2”では、息子の中学1年の1学期での成績が下がり、塾の勉強にも身が入らず、その状況と相前後して、息子の表情が無表情になっていき、朝登校するときの何とも言えない表情と雰囲気にある日気がついたところまでの話だった。 1学期にそ...
教育

いじめと不登校 その2

前回は、いじめが起きる背景、そして、その理由を考察してみたが、もう少し掘り下げていき、そのあとで、私の経験を述べていきたい。 中学生、高校生のスマホの使い途としては色々あるが、1つには、友達とのコミュニケーション・ツールとしてのもの。...
教育

いじめと不登校

日本でいじめが社会問題になってから久しい。 そこで、もし、自分の子供がいじめにあったら、どのように対処すべきなのかを、自分の経験も含め考察していきたい。 現代において、いじめが深刻な問題となっているのは、ひとつには、大人の社会が...
タイトルとURLをコピーしました